失った歯を補う治療方法は、インプラントだけではありません。
人によっても利用できる治療方法は違うでしょうが、インプラントの他にも入れ歯やブリッジがあると思います。
それぞれのメリット、デメリットを知っていますか?
失った歯を補うためには、まずは歯科医院でしっかりとそれぞれのメリット、デメリットを紹介してもらいましょう。
たとえインプラントにしようと決めていても、一応聞いておいた方が良いと思います。
インプラントにもメリットだけではなく、デメリットもあります。
そちらも聞いておきましょう。
全ての説明を聞いた上で治療を受けても、損はありません。
インプラントは確かに高いですが、健康な歯に負担をかけたり傷つけたりしません。
10年20年30年と使い続けられるものだと言われています。
逆にブリッジや入れ歯は寿命が短く、健康な歯に負担がかかりますが費用は安いです。
自分が何を優先するのか、それを決めてから選んだ方が良いでしょう。
私は長く安心して使えるもの、そして健康な歯を残していくための治療をしたい、ということでインプラントを選びました。
難波にある10年以上前からインプラントの治療を行っている歯科医院で、治療をしてもらいました。
治療がしにくい部分だったのですが、先生の腕が良かったので、順調に治療もすすみ、今は普通に生活しています。
治療には半年かかりましたが、かたいものを食べても何の問題もありません。
孫と一緒に食事に行くのが楽しみになりました。