歯を抜いたり、事故やけがで歯を失ってしまったような場合の治療法として、入れ歯やブリッジ、デンタルインプラントが一般的です。
この3種類の治療法にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、いくつかの点を紹介いたします。
デンタルインプラントの詳しい説明については、梅田にデンタルインプラント治療でとても評判の高い歯科医院がありますから、歯科医に直接質問されるとより詳しい情報が得られるでしょう。
デンタルインプラント治療の優れている点は、治療後は自分の歯と同じ感覚になるという事です。
ほとんどの方は、治療終了後は自分の歯とデンタルインプラントの歯の区別が食事の時等に分からないでしょう。
外部から見ても、自分の歯とデンタルインプラントの歯の見分けはほとんど付きません。
治療時に自分の問題ない歯に一切影響を与えないというのも大きな利点です。
ブリッジ治療は歯を抜いたところに人工の歯を固定するため、両隣りの自分の歯を削って支えにしなければなりません。
入れ歯については、使っている方が非常に多いので問題点については良く耳にするでしょう。
とにかく食べたものの味が分からなくなり食事が楽しくなくなる、口の中の異物感が不愉快、痛い、デメリットの多い治療法です。
なぜデメリットの多い治療法を多くの人が選択するかというと、入れ歯やブリッジは健康保険が適用されるからです。
通常は治療費の3割を、高齢者はお住まいの地域により1割負担だったり全額免除だったりしますから、治療費用の関係で多くの人はデメリットの多い治療法を選択しています。